キャリアアップをするために、女性が行うこと。

 雇用に関して男女平等が進められてきた現在、今は女性でも能力次第では管理職に就くことが容易になってきて、キャリアアップに力を注いでいる人も多くいます。しかしながら男性との大きな差、問題として、結婚というものがあります。単純に結婚するだけなら共働きをすればよく、仕事を辞めることは考えなくても済みますし、これまで築いてきたキャリアを捨て去ることもないでしょう。

 しかしながら結婚生活を続けていけば、妊娠や出産といった問題に向かい合うことになります。そうなってくると、負担はどうしても女性側に傾いてしまいます。どれだけ科学や医学が進歩しても、妊娠や出産というのは女性にしか行えないので、ゆえに一定期間は、どうしても休職や離職が求められてしまうのです。そうなってしまうと、当然キャリアプランを見直す必要に迫られる女性も出てくるでしょう。

 ただし最近は、一昔前の時代とは違ってきて、休職後に復職することは可能となっています。確かにブランクはできてしまいますが、仕事に打ち込みながらプライベートを大切にすることも可能になりました。結婚はともかく、妊娠や出産というのは年齢が限られているもので、年を取って行うとリスクが高くなります。女性の中にも仕事を生きがいにしている人は多いかもしれませんが、妊娠・出産というのはタイミングが大切になってくるもので、しっかりと考えて後悔しない選択をすることが何よりも大切になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です